カラオケのしゃくり・フォール・こぶしのコツ!採点が伸びるテクニック?

カラオケのしゃくり・フォール・こぶしのコツ!採点が伸びるテクニック?

カラオケの採点には『しゃくり・フォール・こぶし』といった項目がありますが、よく分からないうちにカウントされていることが多いですよね。

しかし、そんな分かりにくい『しゃくり・フォール・こぶし』にも出すコツがあります。この3つのテクニックを理解して効果的に使えるようになれば、歌を上手く聴かせられるようになるでしょう。

今回はカラオケのしゃくり・フォール・こぶしのコツと、採点との関係について解説していきます。

スポンサーリンク

カラオケのしゃくりのコツ

カラオケの『しゃくり』とは、本来の音より少し低めから入るテクニックです。少し低めの音から始めることで、急に高音を出すよりも声帯への負担が減り、音が出しやすくなります。

※ 『しゃくる』という言葉には「すくうようにして上げる」という意味があります。

前の音が「ド」で次の音が「ラ」だとしたら、「ラ」の前に「ファ」や「ソ」を入れます。「ド」から「ラ」まで流れを滑らかにして歌うのが、しゃくりのテクニックです。

音を階段に例えると、段差が大きいところに、間の段を作って上がりやすくしてあげるというイメージですね。

ただし、なんでもかんでもしゃくりを入れればいいというわけではありません。しゃくりを入れたい音とその前の音がつながっていて、その前の音の方が低い時に使うのが有効です。

音を途切れさせずに、滑らかにつないでいくようにするのが、しゃくりのコツになります。

カラオケのフォールのコツ

カラオケの『フォール』とは、本来の音程から低い音程に向かって滑らかにずり下げるテクニックです。しゃくりとは逆のイメージで、各小節の終わりでよく使われています。

※ フォール(fall)には「下落・下降」という意味があります。

しゃくりは少し低い音程から正しい音程まで上げますが、フォールは正しい音程を発声してから下げるので、しゃくりよりもフォールのほうが使いやすいと言えるでしょう。

ただし、音が下がっていく場合はどうしても気が抜けたような感じになります。最後まで音程をコントロールするように意識するのが、フォールのコツです。

スポンサーリンク

カラオケのこぶしのコツ

カラオケの『こぶし』とは、音を細かく動かす装飾音的な節回しのテクニックです。

具体的には、歌の中で一瞬だけ音を上げたり下げたりしていきます。例えば、「ソ」の音で続く部分があるとしたら、その中で一瞬「ラ」に上がって「ファ」に下がって、また「ソ」に戻るように歌っていきます。

コツとしては、音を伸ばす部分に母音を入れて歌うことです。「だ~か~~ら~」という歌詞なら「だ~か~ああ~ら~」のような感じですね。

また、こぶしを入れる部分を強めるイメージで歌うと、声の強さの変化に引っ張られる形で音の高さも変えやすくなりますよ。

しゃくり・フォール・こぶしと採点の関係

『しゃくり・フォール・こぶし』の3つは採点項目にはなっていますが、点数の配分は、実はそれほど高くはありません。

極端な話、仮に一度も出さなかったとしても、高得点を出すことは可能です。
参照:カラオケで高得点を出すコツ!ステップアップ式3つの方法

もちろん、その基準はカラオケの機種や歌う曲によって異なる場合もあります。

しかし、『しゃくり・フォール・こぶし』は、音程をズラすテクニックです。その点に関しては、これまでの解説でご理解いただけたかと思います。

ですから、あまり使い過ぎると不安定な歌い方になってしまい、聴いている側には「単に音痴な歌い方」に思われてしまうこともあるわけです。

だからこそ、カラオケ採点の配分でも、あまり大きな加点にはなっていないのでしょう。ある程度の回数は加点されても、多く入れ過ぎると音程を外し続けていると判断されたり、逆に減点されたりすることもあるようです。

つまり、『しゃくり・フォール・こぶし』の3つは、採点を伸ばすためのテクニックではないということです。曲のアクセント程度に取り入れれば、少し加点されるかもしれないぐらいに考えておきましょう。

まとめ

今回はカラオケのしゃくり・フォール・こぶしのコツと、採点との関係について解説してきました。

  • しゃくりのコツ:少し低めから入って、滑らかにつないでいくようにする
  • フォールのコツ:各小節の終わりで正しい音程を出して、音程をコントロールしながら下げる
  • こぶしのコツ:音を伸ばす部分に母音を入れて、瞬間的に音を上下させる
  • 『しゃくり・フォール・こぶし』の配点は高くないため、あまり多用しないこと

もし使うなら、その曲を歌っている歌手本人が入れている部分で、マネをするようなイメージでやってみてください。

採点項目としては重要ではありませんが、要所要所で使っていけば、きっと聴いている側には「おっ!」と思わせられるようになりますよ。

ちなみに、カラオケで高得点を出すにはロングトーンとビブラートで加点するのがコツです。高得点を出したいなら、こちらも合わせて参考にしてみてくださいね。
⇒ カラオケのロングトーンとビブラート!出し方と練習方法

スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ