カラオケの低音の出し方!誰でもできる5つのコツ

カラオケの低音の出し方!誰でもできる5つのコツ

カラオケで高い声を出すのは難しいですが、低い声を出すのも実は難しいですよね。普段話している声で歌ってみても、なかなかイメージ通りに低音が出なくて、悩んでいる方も多いと思います。

しかし、そんな難しい低音も、ちょっとしたコツで楽に出せるようになります。

今回は低音の出し方のコツを5つ紹介していきます。

スポンサーリンク

カラオケの低音の出し方 5つのコツ

力を抜く

歌う時はしゃべる時よりも大きな声を出そうと意識すると思いますが、意識すればするほど、身構えて体に力が入ってしまいがちです。体に力が入ると、喉が締まって声が出にくくなり、喉も痛めやすくなってしまいます。

ですから、力を抜いて体はリラックスさせましょう。

ただし、あまりにも力を抜きすぎると体の支えがなくなります。良い低音も出せなくなるので、上半身の力だけ抜くようにしてください。

しっかり息を吐き出す

歌う時には、しっかりと息を吐き出すようにしましょう。声を出していると当たり前に息も出ていると思いがちですが、自分で思っているほど息は出ていません。

試しに自分の口から少し離れた所に手を出して歌ってみてください。

いかがでしょうか? 手に息が当たるほど吐き出して歌うのは、なかなか難しいですよね。

声は息が声帯で振動して出るものなので、息がしっかり出ていなければいい低音は出ません。声だけでなく息もしっかり吐き出すことをイメージして声を出しましょう。

もちろんたくさんの息を吐き出すには、たくさんの息を吸うことが前提になります。声を出す前には、しっかりと息を吸うことも意識してくださいね。

スポンサーリンク

下を向かない

低音を出す時には、下を向いてしまう方も多いと思います。

しかし、下を向いて歌うと、喉が締まってしまいます。先ほどもお伝えしたように、喉が締まった状態では声が出にくく、喉を痛める原因にもなります。

ですから、歌う時は真っ直ぐ前を見て、喉を開くようにしてください。イメージとしては、自分の口を開けて「のどちんこ」が見える状態にすることです。

喉が開いていなければ、しっかり息を吸っても喉で息が止まってしまいます。良い低音も出せなくなりますので、歌う時には下を向かないように気を付けましょう。

胸に手をあてて歌う

低音をしっかり出すには、体の下のほうに意識を集中させることが大事になります。そのポイントは胸とお腹です。

ただし、お腹を意識するのは簡単ですが、胸に意識を集中させるのはなかなか難しいと思います。胸はお腹のように膨らませたりへこませたりするのは難しいですからね。

そこで、胸に意識が集中しているか確かめるに、胸に手をあてて歌ってみてください。胸で振動を感じられれば、胸で響かせた良い低音が出ているはずですよ。

マイクを口に近づける

低音をハッキリ出したい時は、マイクを口に近づけるのも一つのコツです。

マイクには「近接効果」という特性があります。これは声の元がマイクと近づけば近づくほど、低音域が強調されるというものです。

このマイクの特性を生かして、低音を強調したいところでは、よりマイクを口に近づけて歌ってみてくださいね。

まとめ

今回は低音の出し方のコツを紹介してきました。

  • 上半身の力を抜く
  • しっかり息を吐き出すことを意識する
  • 前を向いて、喉を開く
  • 胸に手をあてて振動を感じる
  • 低音ではよりマイクに口を近づけて歌う

低音の出し方を理解することは、声の出し方の基本を理解することにも繋がります。今回の内容を押さえておけば、きっと高音の出し方をマスターすることにも役立つでしょう。

また、こちらではちょっと変わった高音の出し方のコツを紹介しています。
⇒ カラオケの高音の出し方!今すぐできる意外な4つのコツ

低音を出す際にも使えるコツがありますので、 合わせて参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ