チェストボイスの出し方!練習する時の3つのポイントとは?

チェストボイスの出し方!練習する時の3つのポイントとは?

チェストボイスは「話し声に似ている/近い」と言われていますが、具体的な出し方はよく分からないですよね。しかし、カラオケではチェストボイスで歌うのが基本になりますので、ぜひマスターしておきたいところです。

今回はチェストボイスの出し方や練習方法について解説していきます。

スポンサーリンク

チェストボイスの出し方

基本的にチェストボイスは低音域を出す発声方法です。多くの歌はサビの部分が最も高音になっているため、サビ以外の部分をチェストボイスで歌う事が多くなります。

また、チェストボイスは話し声とは違って『鼻腔共鳴』させながら発声します。鼻の穴から喉までは空洞が続いていますが、この空洞に声を響かせるのが鼻腔共鳴です。

チェストボイスの練習方法

鼻腔共鳴をマスターする

鼻腔共鳴をマスターするには『ハミング』をしてみると良いです。口を閉じて声を頭頂部から出すイメージで「んー」と声を出してみましょう。

ハミングをする時は口を閉じているので、声は鼻からしか抜けません。鼻に手を当てて鼻の空洞に声が響いているのを感じてみてください。手に鼻の響きが感じられれば鼻腔共鳴が出来ていることになります。

ハミングで鼻腔共鳴の感覚を掴んだら、今度は口を開けた状態で『オープンハミング』をやってみましょう。オープンハミングの状態でもちゃんと鼻腔共鳴が感じられたら、「んー」だけでなく、「あー」や「いー」のように他の言葉でも試してみてください。

これを繰り返していけば、徐々に歌いながら鼻腔共鳴させることができていきますよ。

スポンサーリンク

声を胸に響かせる

鼻腔共鳴に慣れたら、その声を胸に落とす練習をしましょう。チェストボイスは「胸声」なので、声を胸に響かせます。

鼻腔共鳴の感覚は残したままで、上から出した声を下に持っていくイメージで声を出していきます。これによって、チェストボイスの声は鼻腔共鳴と胸の共鳴で響く声になり、より共鳴の強い声になっていきます。

声を「あばら骨」に伝わせるような感じで、その周囲の筋肉に響かせます。高音からある程度下がった音域が、より骨に響きやすい音です。

声を出しながら鎖骨やあばら骨を触ってみて振動が感じられれば、チェストボイスが胸に響いていますので、より共鳴した良い声が出ているはずですよ。

喉を開く

良いチェストボイスを出すには喉を開く必要もあります。喉を開くとスペースが広がり、声がより共鳴しやすくなるからです。

また、喉を開くことで息と声が邪魔されることなく体の外へスムーズに出ていきます。吸った息が無駄なく声と一緒に出ていくので声量が出しやすくなり、喉も痛めにくくなります。

喉を開くには、思い切りあくびをするイメージを持ってみてください。上あご(軟口蓋・なんこうがい)が上がり、舌・下あご・喉仏が下がって「のどちんこ」が見える状態を作りましょう。

参照:カラオケの「喉を開く」ってどういう状態?練習方法は?

まとめ

今回はチェストボイスの出し方と練習方法について解説してきました。

  • チェストボイスを出すには鼻腔共鳴をマスターすること
  • 声を胸に響かせる
  • 喉を開く

チェストボイスは歌の基本となる声です。歌声も安定してきますので、ぜひ練習して出せるようになってくださいね。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

サブコンテンツ

このページの先頭へ