Mr.Children(ミスチル)のカラオケ人気曲【おすすめランキング】

Mr.Children(ミスチル)のカラオケ人気曲【おすすめランキング】

今回はMr.Children(ミスチル)のカラオケの人気曲を、ランキング形式で10曲ご紹介します。

ミスチルの人気曲の特徴や、上手く歌うためのコツなども書いていきます。ぜひあなたにピッタリの一曲を見つけてくださいね。

スポンサーリンク

Mr.Children(ミスチル)のカラオケ人気曲【おすすめランキング】

HANABI

  • 2008年9月発売の33枚目のシングル
  • 2008年12月発売のアルバム『SUPERMARKET FANTASY』に収録
  • フジテレビ系ドラマ「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」の主題歌

『HANABI』は、人気ドラマの主題歌として、カラオケでも大人気の一曲です。

しかし、たぐいまれな声量とロングトーンを備えていないと難しいかもしれません。桜井さん独特の早口な部分も多いです。この曲を最初から完璧に歌いこなせる方は、なかなかいないでしょう。

伸ばす部分と切る部分がハッキリしているので、ミスチルっぽさを出すには、その使い分けがポイントです。何度も歌いながら練習してみてくださいね。

Tomorrow never knows

  • 1994年11月発売の6枚目のシングル
  • 1997年3月発売のアルバム『BOLERO』に収録
  • フジテレビ系ドラマ「若者のすべて」の主題歌

『Tomorrow never knows』は、ミスチル最大のヒット曲。カラオケでは定番のバラードとして、長く愛されている一曲です。中盤辺りの場が落ち着いてきたときのレパートリーとして、歌えるようになっておきたいですね。

この曲は、まず出だしに気を付けましょう。Aメロの最初「ときの中でぇ~」の声がしっかり出ると、掴みはオッケーです。

ただし、その後にも高音が続きます。とにかく高い音が続き、伸ばすところもさらに高かったりするので難しい曲です。サビもロングトーンを意識して歌うようにしましょう。

ヒカリノアトリエ

  • 2017年1月発売の36枚目のシングル
  • NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」の主題歌

『ヒカリノアトリエ』は、最近のミスチルの人気曲。朝の連ドラの主題歌になっていましたので、ちょっと年齢層が高めの方の前で歌っても喜ばれます。

この曲は、非常に低いトーンで始まります。Aメロ途中でキーが変わりますので、入りは弱めに歌うのがオススメです。力を入れ過ぎないように、一句一句に感情を込めて歌ってみてください。

サビに向かって徐々に盛り上がっていきますので、それに合わせて軽快に跳ねるように声を出していきましょう。

シーソーゲーム~勇敢な恋の歌~

  • 1995年8月発売の9枚目のシングル
  • 1997年3月発売のアルバム『BOLERO』に収録

『シーソーゲーム』は、ノンタイアップでありながら、カラオケでは長く愛されているミスチルの人気曲です。盛り上げたい時のレパートリーとして、ぜひ歌えるようになっておきたいですね。

ただし、出だしから歌詞を合わせるのが難しい曲です。桜井さん独自の早口がたくさん出てきますので、何度も歌って練習しましょう。特に最後の「勇敢な恋の歌」は噛みやすいので気を付けてください。

サビでは、歌詞には出てきませんが、「へぇ~えぇ~えぇ~」も忘れずに。ここでしっかり声を出すことで、雰囲気が出ますよ。

Sign

  • 2004年5月発売の26枚目のシングル
  • 2005年9月発売のアルバム『I LOVE U』に収録
  • TBS系ドラマ「オレンジデイズ」の主題歌

『Sign』も、ミスチルの人気のバラードです。青春ドラマの主題歌でしたので、仲間と一緒にカラオケ行った時に歌いたいですね。

この曲を実際に歌ってみると、聴いていた時以上に、テンポがゆっくりに感じます。ズレないように、出だしから何度も練習しておきましょう。

サビでは最後にキーが一気に上がるので、ここに一番の盛り上がりを持ってこられるように、始めは抑え気味に歌っていくのがオススメですよ。

スポンサーリンク

抱きしめたい

  • 1992年12月発売の2枚目のシングル
  • 1992年12月発売のアルバム『Kind of Love』に収録

『抱きしめたい』は、ミスチルの中でも、特に女性に人気のバラード曲です。男性の方は、好きな女性の前で歌えるように、ぜひマスターしておきましょう。

Aメロ・Bメロでは、伸ばす部分と切る部分を把握しておくと、楽に歌えるようになります。サビの「歩いてゆこう」では裏声の使い方に注意してください。ここが決まると、曲がグッと締まりますよ。

しるし

  • 2006年11月発売の29枚目のシングル
  • 2007年3月発売のアルバム『HOME』に収録
  • 日本テレビ系ドラマ「14才の母」の主題歌

『しるし』は、大きな話題になったドラマの主題歌。様々な意味に捉えられる歌詞が深い一曲です。

Aメロのキーは低いですが、しっかりと声を出していきましょう。サビの前後では早口や裏声になる部分もあるので、そのポイントを押さえておくと歌いやすくなります。

サビの「ダーリン ダーリン」も急に高くなるので、声が裏返らないように、あらかじめキーを合わせておくことをオススメします。

名もなき詩

  • 1996年2月発売の10枚目のシングル
  • 1996年6月発売のアルバム『深海』に収録
  • フジテレビ系ドラマ「ピュア」の主題歌

『名もなき詩』も、人気ドラマの主題歌として大ヒットした一曲です。

サビでは一気にキーが高くなりますので、Aメロ・Bメロは抑え気味に歌っていきましょう。

曲調はそこまで早くはありませんが、早口のように歌う箇所がたくさんあります。カラオケで歌う前に、歌詞は丸暗記するくらい聞いておくことのがベストです。

特にCメロの「成り行きまかせの恋におち~」の部分は、バシッと決めたいですね。

innocent world

  • 1994年6月発売の5枚目のシングル
  • 1994年9月発売のアルバム『Atomic Heart』に収録
  • 日本コカ・コーラ「アクエリアス」のCMソング

『innocent world』は、ミスチル人気が一気に高まるきっかけになった一曲です。どんな場面にも合う曲なので、ぜひレパートリーとして覚えておきたいですね。

ミスチルの中では比較的歌いやすいほうだとは思いますが、サビではキーが高くなりますので、やはり練習は必要になるでしょう。

一番の盛り上がりをサビに持ってくるためにも、出だしを弱めに歌っておくと、メリハリが出せますよ。

足音 ~Be Strong

  • 2014年11月発売の35枚目のシングル
  • 2015年6月発売のアルバム『REFLECTION』に収録
  • フジテレビ系ドラマ「信長協奏曲」の主題歌

『足音 ~Be Strong』も、近年話題になったドラマの主題歌でした。何か新しいことを始める時や、失敗して落ち込んでいる仲間に向けて歌ってあげたい一曲ですね。

ゆったりめのバラードですが、この曲もやはり早口になる部分がありますので気を付けましょう。一度ズレると歌いながら修正するのは難しいですからね。

また、サビではキーが一気に上がったり下がったりを繰り返します。一番高い音程に合わせられるように、色んなキーで何度か練習してみるのも良いと思いますよ。

まとめ

今回はMr.Childrenのカラオケの人気曲をランキング形式でご紹介してきました。

最後にもう一度、今回ご紹介した10曲をまとめておきます。

  1. HANABI
  2. Tomorrow never knows
  3. ヒカリノアトリエ
  4. シーソーゲーム~勇敢な恋の歌~
  5. Sign
  6. 抱きしめたい
  7. しるし
  8. 名もなき詩
  9. innocent world
  10. 足音 ~Be Strong

カラオケでの曲選びに迷った時の参考にしてもらえると幸いです。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

サブコンテンツ

このページの先頭へ