アヴリル・ラヴィーンのカラオケ人気曲【おすすめランキング】

アヴリル・ラヴィーンのカラオケ人気曲【おすすめランキング】

今回はアヴリル・ラヴィーンのカラオケの人気曲を、ランキング形式で10曲ご紹介します。

アヴリル・ラヴィーンの人気曲の特徴や、上手く歌うためのコツなども書いていきます。ぜひあなたにピッタリの一曲を見つけてくださいね。

スポンサーリンク

アヴリル・ラヴィーンのカラオケ人気曲【おすすめランキング】

Girlfriend

  • 2007年2月発売の10枚目のシングル
  • 2007年4月発売のアルバム『The Best Damn Thing』に収録
  • 日本テレビ「カートゥンKAT-TUN」のオープニングテーマ

『Girlfriend』は、アブリルの中でも人気の高いアップテンポのナンバー。全体に弾むような楽しいノリで歌ってみましょう。

テンポが速い分、歌詞を追うのが少し大変ですので、滑らかに歌えるように練習してみましょう。

『Hey!Hey!You~』のサビ部分は、呼び掛けるように元気よく歌ってくださいね。

Complicated

  • 2002年5月発売の1枚目のシングル
  • 2002年6月発売のアルバム『Let Go』に収録

『Complicated』は、アブリルのデビュー曲にして代表曲。思わず一緒に口ずさみたくなるような、流れるようなメロディが気持ちのいい一曲です。

全体がゆったりしたテンポで、とても歌いやすい曲です。少し気だるい雰囲気で、英語詞が滑らかに繋がるように歌ってみましょう!

終盤の『tell me!』は、声を張って印象的に仕上げてくださいね。

When You’re Gone

  • 2007年7月発売の11枚目のシングル
  • 2007年4月発売のアルバム『The Best Damn Thing』に収録

『When You’re Gone』は、メロディアスなピアノのイントロが美しいバラード作品です。愛する人を失った切ない思いを乗せた歌詞の世界が、涙を誘いますね。

序盤はストレートに素直な歌声を出していきましょう。徐々にテンションを盛り上げて、大サビでは情熱的に歌い上げてください。

『I Miss You~』は抑えた声量で、儚げに歌うのがオススメですよ。

WHAT THE HELL

  • 2011年1月発売の15枚目のシングル
  • 2011年3月発売のアルバム『Goodbye Lullaby』に収録
  • 日本テレビ系「ザ!世界仰天ニュース」のエンディングテーマ

『WHAT THE HELL』は、やんちゃなアブリルの魅力が満載のポップなナンバー。カラオケでは盛り上がりたい時にピッタリの曲ですね。

軽いテンポで難しい単語もあまりないので、歌いやすい曲です。全体にいたずらっぽく少し投げた感じで歌うと、アブリルらしいロックテイストな雰囲気になりますよ!

ROCK N ROLL

  • 2013年9月発売の19枚目のシングル
  • 2013年11月発売のアルバム『AVRIL LAVIGNE』に収録

『ROCK N ROLL』は、曲名の通り重低音がクールなロックナンバー。思わず足でリズムをとりたくなる、かっこいいサウンドが印象的です。

全体的に声をしっかりと張って、ボーイッシュに歌っていきましょう。サビの『When it’s you~』は特に大きめの発声でロックな雰囲気に決めて、曲にインパクトを持たせてくださいね。

スポンサーリンク

MY HAPPY ENDING

  • 2004年7月発売の6枚目のシングル
  • 2004年6月発売のアルバム『Under My Skin』に収録

『MY HAPPY ENDING』は、アブリルらしいエモーショナルな失恋ソング。じめじめしたくない、吹っ切れたいときにオススメのナンバーです。

テンポはそれほど速くないので、歌詞を丁寧に追って歌い上げてください。大サビの直後に音が静になるパートがありますので、クールでちょっとアンニュイな雰囲気で歌って、かっこよく決めましょう。

Sk8er Boi

  • 2002年8月発売の2枚目のシングル
  • 2002年6月発売のアルバム『Let Go』に収録

『Sk8er Boi』は、疾走感のあるサウンドがかっこいいアヴリルの人気曲。日本でも大ヒットしたこの曲は、ぜひマスターしてカラオケで注目を集めたいですね。

アップテンポなので、サビの歌詞が少し速く感じるかもしれません。ぜひ滑らかに歌えるように、練習しておきましょう。

ロックな雰囲気に合わせ、息を吐きだすように発声して雰囲気を出してくださいね。

WISH YOU WERE HERE

  • 2011年発売の17枚目のシングル
  • 2011年3月発売のアルバム『Goodbye Lullaby』に収録

『WISH YOU WERE HERE』は、メロディアスでやわらかい印象のナンバー。やるせないほどの切ない気持ちを乗せて、歌ってみたい一曲です。

序盤は優しく語り掛けるように、ナチュラルな歌声で歌ってみましょう。サビはまったりとした雰囲気で、語尾に空気感のあるニュアンスを加えてみてください。女性らしくまとまりますよ。

Smile

  • 2011年6月発売の16枚目のシングル
  • 2011年3月発売のアルバム『Goodbye Lullaby』に収録

『Smile』は、エッジの利いたギターサウンドがクールな楽曲。BGMがシンプルな分、ボーカルのかっこよさが引き立つ一曲です。

ちょっとパンチのある、シャウト系の発声が映えます。全体的に単調にならないように、表情豊かに緩急をつけて雰囲気を盛り上げてみましょう。

サビの『ah~』は、裏声を混ぜながらニュアンスたっぷりに歌ってくださいね。

Why

  • 2002年6月発売のアルバム『Let Go』(日本版)のボーナストラックとして収録

『Why』は、シンプルな楽曲にストレートな歌詞が映えるナンバー。少ししっとりと大人っぽく歌いたい時にピッタリの一曲です。

全体的に優しくやわらかい雰囲気で、大切な人に語り掛けるように歌うのがオススメです。飾らない素直な歌声で、さらりとナチュラルに歌っていきましょう。

後半の転調では、音程がずれないようにしっかりついていってくださいね。

まとめ

今回はアヴリル・ラヴィーンのカラオケの人気曲をランキング形式でご紹介してきました。

最後にもう一度、今回ご紹介した10曲をまとめておきます。

  1. Girlfriend
  2. Complicated
  3. When You’re Gone
  4. WHAT THE HELL
  5. ROCK N ROLL
  6. MY HAPPY ENDING
  7. Sk8er Boi
  8. WISH YOU WERE HERE
  9. Smile
  10. Why

カラオケでの曲選びに迷った時の参考にしてもらえると幸いです。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

サブコンテンツ

このページの先頭へ