カーペンターズのカラオケ人気曲【おすすめランキング】

カーペンターズのカラオケ人気曲【おすすめランキング】

今回はカーペンターズのカラオケの人気曲を、ランキング形式で10曲ご紹介します。

カーペンターズの人気曲の特徴や、上手く歌うためのコツなども書いていきます。ぜひあなたにピッタリの一曲を見つけてくださいね。

スポンサーリンク

カーペンターズのカラオケ人気曲【おすすめランキング】

TOP OF THE WORLD(トップ・オブ・ザ・ワールド)

  • 1972年6月発売のアルバム『A Song for You』に収録
  • TBS系「未成年」のオープニングテーマ など

『TOP OF THE WORLD』は、言わずと知れたカーペンターズの代表曲。浮遊感のあるサウンドと幸福感に包まれた歌詞が、歌っていて楽しくなれる一曲です。

柔らかいBGMに乗せて、全体に軽やかな発声で歌ってみましょう。英語詞は自然な流れで繋がるように、滑らかさを意識していきます。

サビ部分では、軽く力を抜いた歌声で、ふわりとした幸福感を表現してみてくださいね。

YESTERDAY ONCE MORE(イエスタデイ・ワンス・モア)

  • 1973年5月発売のアルバム『Now & Then』に収録

『YESTERDAY ONCE MORE』は、日本でも高い人気を誇る名曲。哀愁と郷愁を感じさせる世界観が、カーペンターズらしいナンバーです。

ゆったりとしたテンポに乗せて、しっとりとエレガントな雰囲気で歌ってみてください。特にサビの語尾では、力まずナチュラルなビブラートを効かせて、曲の美しさを引き立たせていきましょう。

I NEED TO BE IN LOVE(青春の輝き)

  • 1976年6月発売のアルバム『A Kind of Hush』(見つめあう恋)に収録
  • TBS系ドラマ「未成年」のエンディングテーマ

『I NEED TO BE IN LOVE』は、「青春の輝き」という日本語タイトルで広く知られるバラード作品。ドラマの主題歌としても人気になりました。

切ない歌詞と美しいメロディが印象的なこの曲では、ぜひ情感たっぷりに歌ってください。

序盤は抑えたトーンで寂しげに歌っていきます。サビでは声量を使い、情熱的なビブラートを効かせて曲を盛り上げましょう。

(THEY LONG TO BE)CLOSE TO YOU(遙かなる影)

  • 1970年8月発売のアルバム『Close to You』(遙かなる影)に収録
  • フジテレビ系ドラマ「パパと呼べないの!」の主題歌

『(THEY LONG TO BE)CLOSE TO YOU』は、軽やかなピアノのイントロが印象的な一曲。優しく寄り添う様なメロディに合わせて、全体をやわらかく歌ってみましょう。

出だしの「Why do~」の部分は、曲を印象付ける大事なところですので、リズムを意識してしっかりとした発声で歌っていきます。コーラス部分も、透明感ある歌声で美しく表現してみてくださいね。

SUPERSTAR(スーパースター)

  • 1971年5月発売のアルバム『Carpenters』に収録

『SUPERSTAR』は、切ないメロディがとても美しいナンバー。大人な雰囲気でしっとりと歌ってみたい時にピッタリの一曲です。

伸びやかな”ため”と語尾のビブラートを効かせて、エレガントに歌っていきましょう。

ゆったりした曲では、英語詞をいかに綺麗に歌えるかがポイントです。ぜひカレンのボーカルを意識して、丁寧な美しい発音に挑戦してみてくださいね。

スポンサーリンク

RAINY DAYS AND MONDAYS(雨の日と月曜日は)

  • 1971年5月発売のアルバム『Carpenters』に収録

『RAINY DAYS AND MONDAYS』は、物憂げな歌詞の世界が共感を呼ぶバラード作品。カラオケでは雨の日にしっとり歌えば、雰囲気が増しそうな一曲ですね。

全体にアンニュイな雰囲気で寂し気に歌ってみましょう。

あまり力を入れず、語尾はストレートなビブラートを効かせていきます。特にラストの語尾は長めのロングトーンで、消え入るような儚い雰囲気を出しましょう。

THIS MASQUERADE(マスカレード)

  • 1973年5月発売のアルバム『Now & Then』に収録

『THIS MASQUERADE』は、ミステリアスな大人の魅力溢れるナンバー。仮面舞踏会をモチーフにした歌詞の世界は、ムーディーに歌いときにもピッタリの一曲です。

ぜひ空気感のあるニュアンスたっぷりの歌声で、艶っぽく歌ってみましょう。歌詞と歌詞の繋ぎ目では緩急をつけて、危うげな雰囲気を出してみてくださいね。

SING(シング)

  • 1973年5月発売のアルバム『Now & Then』に収録
  • 塩野義製薬のCMソング

『SING』は、軽やかなサウンドが爽やかな雰囲気を醸し出す一曲。歌う喜びに満ちた歌詞が、楽しい気分を盛り上げてくれます。

カラオケでは明るいサウンドに乗せて、透明感のある軽やかな歌声を意識して歌ってみましょう。

シンプルなメロディでとても覚えやすく、英語詞も歌いやすい曲です。洋楽は難しそうと思う方もぜひ挑戦してみてくださいね。

JAMBALAYA(ON THE BAYOU)(ジャンバラヤ)

  • 1973年5月発売のアルバム『Now & Then』に収録

『JAMBALAYA(ON THE BAYOU)』は、カントリーサウンドがポップで楽し気なナンバー。しっとりと哀愁のある楽曲の多いカーペンターズの中でも、ノリがよくて手拍子したくなるこの曲なら、皆で盛り上がれそうです。

全体にリズムに乗って、力を抜いた発声で歌ってみましょう。語尾は歯切れよく切って、曲のテイストに合わせてみてくださいね。

I WON’T LAST A DAY WITHOUT YOU(愛は夢の中に)

  • 1972年6月発売のアルバム『A Song for You』に収録

『I WON’T LAST A DAY WITHOUT YOU』は、「愛は夢の中に」の日本語タイトルでも知られるナンバー。椎名林檎と宇多田ヒカルのカバーでも話題になった作品です。

メロディアスな曲調と愛に溢れた歌詞が美しいこの曲では、序盤は抑えたトーンで歌ってみましょう。

サビでは力強く、芯のある歌声で曲を盛り上げてくださいね。

まとめ

今回はカーペンターズのカラオケの人気曲をランキング形式でご紹介してきました。

最後にもう一度、今回ご紹介した10曲をまとめておきます。

  1. TOP OF THE WORLD
  2. YESTERDAY ONCE MORE
  3. I NEED TO BE IN LOVE
  4. (THEY LONG TO BE)CLOSE TO YOU
  5. SUPERSTAR
  6. RAINY DAYS AND MONDAYS
  7. THIS MASQUERADE
  8. SING
  9. JAMBALAYA(ON THE BAYOU)
  10. I WON’T LAST A DAY WITHOUT YOU

カラオケでの曲選びに迷った時の参考にしてもらえると幸いです。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

サブコンテンツ

このページの先頭へ