ブリトニー・スピアーズのカラオケ人気曲【おすすめランキング】

ブリトニー・スピアーズのカラオケ人気曲【おすすめランキング】

今回はブリトニー・スピアーズのカラオケの人気曲を、ランキング形式で10曲ご紹介します。

ブリトニー・スピアーズの人気曲の特徴や、上手く歌うためのコツなども書いていきます。ぜひあなたにピッタリの一曲を見つけてくださいね。

スポンサーリンク

ブリトニー・スピアーズのカラオケ人気曲【おすすめランキング】

Toxic(トキシック)

  • 2003年発売のアルバム『In The Zone』(イン・ザ・ゾーン)に収録

『Toxic』は、日本でもヒットしたアップテンポのナンバー。近未来的なPVも話題になりました。

カラオケでは、出だしがポイントになります。「Baby, can’t you~」の部分に集中してセクシーに歌い出しましょう。

サビでは透明感のある声をコロコロと転がすように歌い、ブリトニーらしく可愛らしい雰囲気が出るよう意識してみてくださいね。

…Baby One More Time(ベイビー・ワン・モア・タイム)

  • 1999年発売のアルバム『…Baby One More Time』に収録

『…Baby One More Time』は、ブリトニー・スピアーズのデビュー曲。ゆったりめのテンポなので、カラオケでも挑戦しやすい一曲です。

全体にビートを意識して、歌詞が遅れないようについていきましょう。サビの「My loneliness~」の部分は、少し弾むようなアクセントを加えると、かっこいい雰囲気を出すことができますよ。

Oops!…I Did It Again(ウップス!…アイ・ディド・イット・アゲイン)

  • 2000年発売のアルバム『Oops!…I Did It Again』に収録

『Oops!…I Did It Again』は、おちゃめな雰囲気が可愛らしいブリトニーの世界的な大ヒット曲。カラオケではコケティッシュに歌って、盛り上がってみたいですね。

少しキレのある発音で、かすれたようなニュアンスを加えると雰囲気が出ます。間奏の「Yeah~」部分もクールに歌って、曲を盛り上げましょう。

Everytime(エヴリタイム)

  • 2003年発売のアルバム『In The Zone』に収録

『Everytime』は、ピアノの旋律が繊細な美しさのあるバラードナンバー。当時は意味深なPVでも話題になりました。

シンプルなサウンドに、ボーカルの魅力が映える一曲です。曲全体を、儚げな透明感のある歌声で歌ってみてください。

力を抜いた消え入るような軽いビブラートを利かせると、曲の世界をより引き立てることができるでしょう。

WOMANIZER(ウーマナイザー)

  • 2008年11月発売のアルバム『Circus』(サーカス)に収録

『WOMANIZER』は、ダンサブルなサウンドがかっこいいアップテンポのナンバー。女たらしの男性のことを強烈に歌った歌詞が、パワフルで印象的です。

テンポが速い分、歌詞を追うのが少し大変です。引っかからずに歌えるように練習してください。Aメロは低めのキーで推移しますので、力を抜いて自然な歌声が出るように心掛けてみましょう。

スポンサーリンク

I’m Not A Girl, Not Yet A Woman(ノット・ア・ガール)

  • 2001年11月発売のアルバム『Britney』(ブリトニー)に収録

『I’m Not A Girl, Not Yet A Woman』は、少女から大人の女性へと変わる心情を歌ったバラード作品。トップアイドルだったブリトニーの、自然体の魅力がつまった一曲です。

メロディアスなサウンドに合わせて、ナチュラルにストレートな歌声で歌ってみましょう。ムリのない素直な発声で、やさしい雰囲気を出してみてくださいね。

Till The World Ends(ティル・ザ・ワールド・エンズ)

  • 2011年3月発売のアルバム『Femme Fatale』(ファム・ファタール)に収録

『Till The World Ends』は、エレクトロサウンドが印象的なダンスナンバー。制作にはKe$haが参加していたことでも話題になりました。

無機質感のあるBGMに合わせて、淡々と一定の声量を保ちながら歌ってください。シャープな切れ味のある発声で、曲のかっこよさを引き立てるようにクールに歌って盛り上げましょう。

I Wanna Go(アイ・ワナ・ゴー)

  • 2011年3月発売のアルバム『Femme Fatale』に収録

『I Wanna Go』は、重めのベースラインが印象的なダンスナンバー。重層的なサウンドがクラブシーンを彷彿とさせる一曲ですね。

歌詞はそれほど早口にならなくてもついていけるので、焦らず丁寧に歌っていきましょう。

Bメロでは語尾を跳ね上げるように歌います。サビでは「ア、ア、アイワナ~」というようにボーカロイド風の発声で雰囲気を出してみてくださいね。

Lucky(ラッキー)

  • 2000年発売のアルバム『Oops!…I Did It Again』に収録

『Lucky』は、ブリトニー初期の人気曲。キラキラと輝くハリウッドスターが持つ影の孤独を歌った、ストーリー性のある歌詞が印象的なナンバーです。

この曲では親しみやすいメロディに乗せて、素直な可愛らしい雰囲気で歌ってみましょう。セリフ部分はちょっと早口ですが、完コピできれば曲のイメージを盛り上げることができますよ。

Sometimes(サムタイムス)

  • 1999年発売のアルバム『…Baby One More Time』に収録

『Sometimes』は、爽やかで開放感のあるサウンドが耳に心地いいナンバー。アイドル全盛期らしい親しみやすい曲調で、カラオケでもぜひトライしてみたい一曲です。

全体をやわらかい発声で、ニュアンスと情感を込めて歌ってみましょう。滑らかに流れるような発音で、ナチュラルな雰囲気が出るように練習してみてくださいね。

まとめ

今回はブリトニース・ピアーズのカラオケの人気曲をランキング形式でご紹介してきました。

最後にもう一度、今回ご紹介した10曲をまとめておきます。

  1. Toxic
  2. …Baby One More Time
  3. Oops!…I Did It Again
  4. Everytime
  5. WOMANIZER
  6. I’m Not A Girl, Not Yet A Woman
  7. Till The World Ends
  8. I Wanna Go
  9. Lucky
  10. Sometimes

カラオケでの曲選びに迷った時の参考にしてもらえると幸いです。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

サブコンテンツ

このページの先頭へ