カラオケの地声と裏声の違い!どちらで歌うのがいいの?

カラオケの地声と裏声の違い!どちらで歌うのがいいの?

普段の生活の中では地声と裏声の違いを意識したり、使い分けたりする機会はなかなかありませんよね。なので、カラオケに行った時に地声と裏声のどちらで歌うか悩む方は多いと思います。

しかし、地声と裏声の仕組みや違いが分かれば、カラオケで悩むことはなくなるでしょう。

今回はカラオケでの地声と裏声の違いや、歌う時はどちらの声がいいのかについて解説していきます。

スポンサーリンク

カラオケの地声と裏声の違い

  • 地声:声帯や声帯粘膜が共に振動して出ている声
  • 裏声:声帯の筋肉が硬くなり振動は停止しているが、声帯粘膜は振動した状態で出ている声

カラオケは地声と裏声、どちらで歌うべき?

カラオケは、なるべく地声で歌うべきです。その理由は3つあります。

第一に、自分の声は個性が表現しやすいということがあります。

自分が歌っている声や人が歌っているのを聞いてみればわかりますが、地声と比べると裏声は個性が出にくくなります。

合唱などで同じパートをたくさんの人が裏声で歌っているのを聞いて、これは自分の声、これは誰の声と判別するのは難しいですよね?ですので、自分の個性をより表現する為には地声で歌うべきなのです。

二つ目として、歌える曲の幅が広がります。

裏声は低音になると弱くなっていくので、裏声のままで低音域を無理に力強く発声しようとすると、喉を傷める原因になります。地声でも歌えるようになれば、無理なく広い音域を力強く歌えるようになるでしょう。

最後に、力強いミックスボイスを生み出すことができるようになります。

高音域を力強く歌う為には、地声と裏声の中間と言われるミックスボイスが必要です。このミックスボイスでは、地声で使う筋肉と裏声で使う筋肉の両方が必要になります。

裏声に頼りがちな人は地声の筋肉があまり育っていないことが多いため、地声で歌うことによって、地声のような強いミックスボイスを生み出すことができるようになります。

ですから、カラオケではなるべく地声で歌えるようになりましょう。

スポンサーリンク

カラオケをなるべく地声で歌うには?

カラオケでなるべく地声で歌うには、まずは話し声の延長で声を出してみることをオススメします。なぜなら「歌うんだ」と意識しすぎると、地声で歌うことが難しくなるからです。

ちなみに『Sing Like Talking』というバンドがありますが、まさに語るように歌うということです。話し声を徐々に歌声にしていく練習をしましょう。

また、「地声では歌いづらいな」と感じたら、歌詞を朗読してみて、そこから歌声に変えていくのも良いでしょう。この時は音の高さを気にする必要はありませんので、普段会話をしている高さで練習してみてくださいね。

カラオケで歌う時の裏声の出し方

「カラオケでは、なるべく地声で歌いましょう」とは言いましたが、地声だけで歌うのは厳しいと思います。

ですから、やはり裏声も必要になりますが、裏声を出す時は体をリラックスさせることが必要です。体や喉に力が入ってしまうと、裏声だけでなく高音域の声全体が出しにくくなってしまいます。

その上で、この3つの声の出し方を練習してみてください。

  • 頭のてっぺんから声が突き抜けていくイメージで声を出す
  • 鼻歌で歌う(鼻声で歌うと無意識のうちに裏声になる)
  • ハミングで歌ってみる

これらの練習をしてから裏声を出してみれば、出しやすくなっていることが実感できるはずですよ。

地声と裏声の切り替えについて

地声と裏声の境目で切り替えが上手くできないと、声の強さや音質が変わってしまったり、音が不安定になってしまったりすることがあります。スムーズに切り替えることができれば、どこで地声から裏声に切り替わったか分かりにくくなるので、聴いている側にも違和感を与えなくて済みます。

そこで、地声と裏声をスムーズに切り替えるには、声量・声質・発声のフォームを変えないことが必要になります。地声と裏声をそれぞれ出してみて、どういう状態で出ているかを確認してみてください。

その上で、地声も裏声も同じ声量・声質・発声フォームで出せるように練習・調整しましょう。地声と裏声の調整ができたら、実際に繋げる練習をしていきます。

一つの母音(あいうえお)を出しながら「地声→裏声→地声」のように切り替える練習を続けていけば、スムーズになっていきますので、ぜひ試してみてくださいね。

まとめ

今回は『カラオケの地声と裏声』について解説してきました。

  • カラオケはなるべく地声で歌うべき
  • 地声で歌うには、話し声の延長で声を出しながら歌声に変えていく
  • 裏声で歌うには、鼻歌やハミングで練習してみる
  • 地声と裏声を切り替えるには、同じ声量・声質・フォームで歌えるように練習する

今回紹介した内容ができるようになれば、歌える曲の幅も広がります。今まで歌えなかった曲でも声が出せるようになりますので、ぜひ練習してレパートリーを増やしていきましょう。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

サブコンテンツ

このページの先頭へ