カラオケで腹式呼吸を行うには?お腹から声を出す3つのコツ!

カラオケで腹式呼吸を行うには?お腹から声を出す3つのコツ!

カラオケを上手く歌うには腹式呼吸が良いと言われていますが、実際に行うのはなかなか難しいですよね。しかし、腹式呼吸のメカニズムを理解してコツを掴めば、しっかりお腹から声を出すことができるようになります。

今回は『カラオケで腹式呼吸を行うためのコツ』を3つ紹介していきます。

スポンサーリンク

腹式呼吸と胸式呼吸の違い

胸式呼吸の場合、肺を覆っている肋骨が広がって肺が横に膨らんで広がります。

この時は胸・肩・首の筋肉を使うので、その部分は緊張して力が入り固くなってしまいます。喉にも力が入り固くなるので、リラックスした状態を保つこともできません。さらに、歌う時にはたくさんの空気を素早く吸う必要があるため、筋肉を強く動かすことで、喉が一層緊張してしまいます。

一方、腹式呼吸の場合は、肺の下にある横隔膜が下がり、肺の下に空気が入ってお腹が膨らみます。

息を吸っても肺を横に広げることはありませんので、呼吸をする時にも胸や肩の筋肉を使わないので、喉をリラックスした状態に保つことができます。
また、腹式呼吸の方が、胸式呼吸よりも多くの息を吸ったり吐いたりすることができます。

つまり「緊張の緩和」「息の量」。この2つが、胸式呼吸よりも腹式呼吸が優れている点です。

ですから、カラオケではなるべく腹式呼吸で歌えたほうが良いと言えるのです。

スポンサーリンク

カラオケで腹式呼吸を行う3つのコツ

仰向けの状態で腹式呼吸の感覚を掴む

腹式呼吸の感覚を掴むのに一番やりやすい体勢は、仰向けになって寝そべることです。仰向けになって寝そべることで、人は自然に腹式呼吸になります。

また、立っている状態ではバランスを取るためにいろんな所に力が入ってしまいますが、寝そべることで、お腹に意識を集中しやすくなります。

ですので、初心者の方が腹式呼吸を意識するのには、まず仰向けになってその感覚を掴むことが一番の近道になります。

この状態でお腹を膨らませながら息を吸い、お腹をへこませながら息を吐くことを繰り返して、腹式呼吸の感覚を確かめてください。

立った状態で腹式呼吸をやってみる

仰向けの状態で腹式呼吸の感覚を掴んだら、今度は立った状態で腹式呼吸をやってみましょう。

まずは、足は肩幅程度に開き、その状態で腰に手を当てて前かがみになります。前かがみになるのはお腹が圧迫されることによって、よりお腹の膨らみを感じやすくするためです。

慣れてきたら、徐々に体を起こして腹式呼吸をしてみてください。このように、徐々に歌っている姿勢に近い状態にして、腹式呼吸ができるようになっていきましょう。

腹式呼吸しながら歌ってみる

立った状態で腹式呼吸ができるようになったら、今度は歌いながらやっていきます。

ただし、今まで歌う時に意識していなかった場合は、腹式呼吸をしながら歌うと息継ぎが難しく感じるかもしれません。慣れている歌でも、歌いにくくなることがあります。その場合は、小さく浅い呼吸で歌ってきた可能性があるために、腹式呼吸に変えて歌うことで、息苦しく感じてしまうのです。

そこで、腹式呼吸で練習する時は、いきなり1曲フルコーラスで歌うのではなく、1コーラスずつ歌う練習から始めるなどして、徐々に慣れていきましょう。

また、腹式呼吸で歌うことに慣れても、歌い方や歌そのものが悪い方向に変わっては意味がありませんので、自分の歌を録音してチェックしてみるのもオススメですよ。

まとめ

今回は『カラオケで腹式呼吸を行うためのコツ』をご紹介しました。

  • 仰向けの状態で腹式呼吸の感覚を掴む
  • 立った状態で腹式呼吸をやってみる(最初は前かがみで、徐々に体を起こしていく)
  • 腹式呼吸をしながら歌ってみる(1コーラスずつ練習してみる)

最初はやりにくく感じても、マスターしてしまえば歌いやすくなりますので、
ぜひ練習してできるようになってくださいね。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

サブコンテンツ

このページの先頭へ