カラオケのロングトーンとビブラート!出し方と練習方法

カラオケのロングトーンとビブラート!出し方と練習方法

カラオケの採点基準では、ロングトーンとビブラートが重要な採点項目になっています。しかし、それがどういうテクニックで、どうすれば出せるのか?は、分かりにくいですよね。

ロングトーンとビブラートの出し方にはコツがあります。マスターすれば自由自在に出せるようになるでしょう。

今回はカラオケのロングトーン・ビブラートの出し方と練習方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

カラオケのロングトーンとビブラートの違い

  • ロングトーン:一定の高さ・量の声を続ける(伸ばす)こと
  • ビブラート:一定の揺れを音に与えること

カラオケのロングトーンの採点では、ある程度の長さで同じ音程を伸ばした箇所で、その音程が正しかったを見ています。ビブラートの採点では、音の揺れる幅(深さ)と、音の揺れる速さ(間隔)が一定であるかを見ています。

ただし、自分ではロングトーンを出したつもりでも、その音が不安定になってしまうと、採点システムにはビブラートと認識されてしまう場合もあります。

また、ビブラートをかけた箇所はロングトーンの採点対象からは外れますので、この2つのテクニックは使い分けることが重要になります。

カラオケのロングトーンについて

ロングトーンの出し方

ロングトーンとは、歌の終わりで息継ぎをせずに、音をまっすぐに長く伸ばす歌い方です。

音の高さ・声の量・息の量を一定に保ちながら声を出していきます。

つまり、採点システムにロングトーンと認識してもらうためには、声が途切れないように出し続けることが必要なのです。

スポンサーリンク

ロングトーンの練習方法とコツ

ロングトーンを出すには息を続かせる必要があるので、腹式呼吸をマスターすることをオススメします。吸い込む息の量が多くなれば出す息も多くなるので、ロングトーンが出しやすくなります。
参照:歌を上達させるための腹式呼吸のやり方!2つのポイント!

腹式呼吸ができるようになったら、ロングブレスを練習してみましよう。

腹式呼吸で息を吸って、スーッと音を立てながら一定の量で息を吐き続けていきます。この時は、息が揺れないよう、途切れないように一定に続けるのがポイントです。

次に、実際にロングトーンを出してみましょう。音量は大きくなくても構いません。同じ音の高さ・同じ声の量・同じ息の量で、声を出し続ける練習を繰り返してみてください。

コツは最初に一気に息を出し過ぎないことです。最初に一気に息を出してしまうと、音・声・息を一定に保ちながら出し続けるのが難しくなります。

歌っているとついテンションが上がってしまいますが、一気に出したい気持ちを抑えて、冷静にやることが重要です。

カラオケのビブラートについて

ビブラートの出し方

ビブラートとは、歌に余韻を生むために、音の最後で声を揺らすテクニックです。

ちなみに、瞬間的に音を上下させるテクニックが、演歌でおなじみの「こぶし」です。
参照:カラオケのしゃくり・フォール・こぶしのコツ!採点が伸びるテクニック?

大まかに言うと、このこぶしを連続させて歌うのがビブラートになります。

ビブラートの練習方法とコツ

音を連続して上下させるのがビブラートです。ある高さの音を出しながら、そこから上げる・下げることを繰り返すことで、スムーズに音を切り替える感触を体に染み込ませていきましょう。

どうしても難しい場合は、音を出している時に脇腹を押してみてください。脇腹を押すと、音が揺れて自然にビブラートがかかるようになります。

もちろん実際に歌う時にそんなことをしていては変ですが、まずは音が揺れる感覚を掴むことが重要です。

その感覚が分かるようになったら、脇腹を押さなくてもビブラートをかけられるようになるまで、繰り返し練習してみてくださいね。

まとめ

今回はカラオケのロングトーン・ビブラートの出し方と練習方法をご紹介してきました。

  • ロングトーンの出し方:音の高さ、声の量、息の量を一定に保ちながら声を出し続ける
  • ロングトーンの練習方法:腹式呼吸、ロングブレスでたくさん吸った息を一定の量で出し続ける
  • ビブラートの出し方:音を小刻みに上下させて揺らす
  • ビブラートの練習方法:音の上げ下げを繰り返す、音を出しながら脇腹を押す

ロングトーンとビブラートは意識している方も少ないため、できるようになるとカラオケの採点では伸びしろが期待できます。

また、節の最後のほうでロングトーン、要所要所でビブラートを入れられると、周りで聞いている人たちにも上手い雰囲気が伝わるでしょう。

つまり、ロングトーンとビブラートは、採点システムにもヒトにも評価されるテクニックと言えますので、ぜひ今回の内容を参考に練習してみてくださいね。

スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ