カラオケの悩み

カラオケで大きな声で歌った翌日は「喉が痛くなるのは仕方がない」と思っていませんか?しかし、実は正しい歌い方やケアができていれば、長時間大きな声で歌っても、喉を痛めることはあまりありません。今回は『カラオケで喉が痛くなる原因と対処法』について解説していきます。

音痴を克服する方法

声量が足りないと、音程やリズムが合っていても歌声が安定しませんよね。特に低音が歌いにくく「ボソボソ」と何を言っているのか分からなくなってしまう方も多いと思います。声量は一朝一夕で上げることはできませんが、毎日続けることで徐々に上げることができます。

音痴を克服する方法

音域が狭いせいで、好きな曲が歌えないこともありますよね。歌えるように何度練習しても、なかなか声が出ないという方も多いと思います。しかし、音域が狭いなら、歌いたい曲で練習するよりも、音域を広げるためのトレーニングをしたほうが効果的です。今回は音域を広げる方法のコツを3つご紹介します。

音痴を克服する方法

『リズム感を鍛える方法』と言えば、メトロノームを使って裏拍(うらはく)を取るやり方が有名ですが、難しいですよね。すぐにできるなら「リズム感がない」とは悩んでいない思います。今回はメトロノームを使ってリズム感を鍛える方法を、具体的にステップ形式で解説していきます。

音痴を克服する方法

カラオケで音程を合わせるのって難しいですよね。曲の音程は理解できていても、いざ歌うと「なぜか合わない」という方は多いと思います。しかし、そもそも音程を合わせるための練習をしたことがないなら、それも仕方がないでしょう。音程が合わない方でも、練習すればきっとできるようになります。

音域別の出し方の練習方法とコツ

プロの歌手はほとんどの方がミックスボイス(ミドルボイス)を使っています。特に高音を出す場合にはミックボイスの習得は必須です。カラオケでもミックスボイスを使うことができれば、歌える曲の幅は大きく広がるでしょう。今回は『ミックボイスの出し方と練習方法』について解説していきます。

音域別の出し方の練習方法とコツ

『ヘッドボイス』は高い声の一つというのは、なんとなく分かっていても、「どうやって出したらいいのか?」はよく分からないですよね。そこで今回は、ヘッドボイスの出し方のコツと練習方法をご紹介します。ヘッドボイスをマスターすれば、今まで出せなかった高音域の声も出せるようになります。

音域別の出し方の練習方法とコツ

チェストボイスは「話し声に似ている/近い」と言われていますが、具体的な出し方はよく分からないですよね。しかし、カラオケではチェストボイスで歌うのが基本になりますので、ぜひマスターしておきたいところです。今回はチェストボイスの出し方や練習方法について解説していきます。

音域別の出し方の練習方法とコツ

カラオケで高い声を出すのは難しいですが、低い声を出すのも実は難しいですよね。普段話している声で歌ってみても、なかなかイメージ通りに低音が出なくて、悩んでいる方も多いと思います。しかし、そんな難しい低音も、ちょっとしたコツで楽に出せるようになります。今回は低音の出し方のコツを5つ紹介していきます。

音域別の出し方の練習方法とコツ

カラオケで高音を出すのは難しいですよね。高い声が出ないために、好きな曲を歌うのを我慢している方も多いと思います。しかし、そんな難しい高音も、ちょっとしたコツで出しやすくなります。今回はカラオケの高音の出し方のコツを4つご紹介します。